西日本新聞創刊140周年

西日本新聞が創刊されて、今年で140年になるそうです。ずっと「にしにほん新聞」だと思っていましたが、正しくは「にしにっぽん新聞」。そうですよね、私らの国も、「にほん」ではなく「にっぽん」と発音しますからね。西日本新聞の最初の報道は、「西南戦争」の戦況を伝えるものだったとか。長く医療面でコラムを書かせていただいているからでしょうか、記念祝賀パーティにお招きをいただきました。参加者800名、大規模なパーティでした。福岡出身のノーベル賞受賞者、大隅良典東工大名誉教授の新聞社社長によるインタビュー映像、姜尚中氏のビデオメッセージなど、斜陽と言われる厳しい新聞業界へのエールが興味深かったです。びっくりしたのは、80年来の新聞読者という94歳の大分県日田市の商工会の方の挨拶。自在なお話ぶりを伺う限り70歳にしか思えません。スクリーンに映るお顔もつやつや生き生き。最近は、若いイケメンには全く関心がなく、元気はつらつと年を重ねている男性に関心があります。どうしたら94歳まで、こうしていられるのかしらと、根掘り葉掘り取材したい気持ちになるのです。

ソフトバンクの王さんによる乾杯の音頭の後、料理が振る舞われたのですが、来場の方はほとんど福岡を中心に九州の経済界の男性ばかりです。ちらほらと写真でしか見たことのない文化人やスポーツ関係者も混じり、私は知り合いもない会場で、壁際に並ぶ九州のおいしいものを探して、広い会場をお皿を持って歩きまわりました。佐賀牛のローストビーフ、中華の名店のあんかけそば、すごくおいしいコンソメスープ。高価なすし店の握りずし。浅ましく口も利かずに食べていましたから、きっと血糖値がはね上がったことでしょう。会社のえらいさんや議員さんたちは名刺交換に忙しく、長老の方々は料理の前に素早く並ぶこともなく、静かに椅子に座って新聞社の若い人が料理を運ぶのを待っておられます。私は、おなかがいっぱいになると、創刊記念特別紙に読みふけりました。小倉時代の森鴎外の寄稿文など、面白い記事がありました。がん患者の話を聴くボランティア活動か、台所で夕飯の支度をしているか、教室で学生相手にしゃべっているだけの毎日なので、ときにはこんなパーティに紛れ込むのも楽しいです。ご招待いただければ、ですが。

 

 

夜更かしは止められない

今年の目標は「夜は早く寝る」=「夜更かしをやめる」でした。が、やっぱり夜更かしは止められません。夜中の方が仕事がはかどります。幾晩か12時前に寝たのですが、目が覚めたのは午前10時過ぎ。3時に寝ても10時起きです。残りの人生が長くないのに、一日が短くなるのは勿体ない。この季節、試験問題作成や学会発表・講演会の準備で忙しいですからね。毎週の連載原稿、がん患者ボランティア活動。凍てつく午前1時。加湿機がカタカタと鳴る古い電気ストーブを机の横に置き、パソコンに向かって鋭意、資料作成中。選んだBGMは、アンドレア・ボチェッリの「ローマよ、今夜はふざけないで」。1961年にローマで初演されたミュージカル「ルガンデーノ」のナンバーだそうです。猫メロンが、眠り箱の中でいびきをかいています。

なかなか、良い夜です。

皆さまお揃いの新春!

ついに、てふてふさんが新しいブログを見つけてくださり、これにて「波多江伸子の部屋!」、ご常連さまお揃いのめでたい迎春と相成りました。本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

酉(鳥)は、飛びながら眠れるそうですが、人間はやはり、暖かな夜具にくるまって、ゆったりと安眠したいものです。今年の私の抱負は「夜は早く寝ること」。小学生並みですが・・。昨年までは(といっても、1週間前までは)、毎晩、2時か3時まで起きていました。いくらなんでも遅すぎ。睡眠不足は糖尿病患者には良くないとのことです。午前1時までには布団に入るという、かなり難しい年頭の誓いを立てたのですが、さて、どうなりますか?若い頃からずっと夜型の生活でしたから。

私の実家は、みーんな深夜族でした。受験勉強をしていた高校生の頃、夜中にお腹が空いて、こっそり台所に行ってみると、なぜか兄たちや母も先に来ていて、皆でラーメンを作ったりミルクを温めたりしているような家でした。夫も息子も宵っ張りで、わが家は深夜3時にお茶をしながら家族団らんしています。夜行性のはずの猫メロンだけが、早々に布団(眠り箱)に入ります。好物は、猫用の魚のポタージュ。最近は、よその猫がベランダから覗いても、気がつかないふりをするのです。あの、勇敢で賢くて、敏捷だったメス猫メロンはどこへ行った?飼い主の膝の上でゴロゴロ喉を鳴らしているだけの、お婆さん猫になりました。

 

座りすぎて、ぎっくり腰

 久々に仕事部屋を片づけようとして不要な書類の束を床から持ち上げた途端、腰にビリッと電流が走りました。「やってしまった!」と後悔しても時遅し。昨日は寝たきり、今日は起き上がったものの、腰を延ばすことができず、家の中を杖をついて歩いています。日がな一日パソコンの前に座っているのが原因かもしれません。ネットで手当て方法を調べると、患部を冷やして安静、というのが王道のようです。ビリッと来た後、ストレッチ運動をしてお風呂に入ったのは、完全に誤った初期対応でしたね。

 それにしても、波多江伸子の部屋!いったいどうなっているのでしょう。次々と変な風に内装が変わっていますね。最初はプレハブ住宅風、次はまるでプロのサイトのような写真とレイアウト、そしてまた今度は、アメリカの子供向けの壁紙みたいな作りですよね。

 う~ん、要するに、WordPressの操作方法が分からないまま、無免許運転風に、あれこれクリックしまくっています。画像を入れよう、リンクを貼ろう、と、努力すればするほどおかしなことになるのです。長時間パソコンの前に座っているのに一向に成果は上がらず。とうとう、ぎっくり腰を誘発しました。サーバーを変えるか、「超初心者向けWordPressの使い方」という本を買って勉強します。

 

 

 

 

 

 

森田療法セミナー、満席になりました!

前回のブログでご案内した「森田療法セミナー・不安のままに生きる」。西日本新聞の私のコラムにも案内を書かせてもらったところ、数日の間に160件のお申し込みをいただきました。定員70名を倍以上オーバーしてしまい、主催の自助グループ「生活の発見会」や九州大学の森田療法セミナー事務局が、急遽、会場を160名用の部屋に借り直してくれました。

驚きました。う~ん、なんでこんなに反響があったのでしょうかね?「不安のままに生きる」というタイトルに、日々不安を抱えている方々が「え、不安のままに生きるって、どういうこと?」と思われたのか、私のメンタルヘルスの主治医黒木俊秀九州大学教授とのコラボに関心を持たれたのか、はたまた、古くて新しい精神療法「森田療法」を知りたい方が多いのか・・分からんですね。なにせ、案内を出した途端に満席というのは初めてのことなので。

というわけで、来年になって予定がはっきりしたら申し込もうと思っておられたブログ読者の皆さまには、ごめんなさ~い。

 

 

「不安のままに生きる」森田療法セミナー

東京慈恵会医科大学の初代精神科教授・森田正馬が1919年に始めた森田療法。神経症患者のために考案された精神心理療法です。当時、世界的に評判になっていたのがフロイトの精神分析ですが、心の奥底の無意識の部分の分析とは対極をなす治療法。神経症患者のこまごまとしたしつこい訴えは打てあわず「不問に付して」、「とにかく入院して1週間、何もせずにひとりきりで部屋からも出ずにじ~っと絶対安静状態で寝ておきなさい」という奇妙な治療法です。絶対臥辱の1週間の後に、2か月ほどかけて、少しずつ社会復帰の活動を増やしていくものです。若い頃から心気症(病気ノイローゼ)だった私は、森田正馬の本を愛読していました。年に1~2度、うつ状態を伴った心気症状が起こるのを、何とかやり過ごしながらこの歳まで生きてきました。

ここ10年ぐらいは、よほど不安のひどいときは、迷わず精神科のドアを叩くようになり、薬も使いながらいろいろと病気のことや自分の生き方について精神科医師と話すようになりました。そんな私の、メンタルヘルスの主治医、黒木俊秀医師とふたりでこもごも語り合う森田療法のこと。現在、森田療法は職場や学校でも応用されており、国際的にも東洋的でユニークな精神療法として評価されています。外来でも可能です。心気症やパニック障害、対人恐怖など、生きづらい人生を生きている方へ贈る、「不安のままに生きる」というタイトルの、患者と主治医のコラボです。多分面白いと思います。ぜひどうぞ。

日時 2017年1月29日(日) 午後2時~4時半  * 満員につき終了しました!

会場 九州大学医学部百年講堂  資料代 500円 定員70名

講師 黒木俊秀(九州大学大学院教授。精神科医師・臨床心理士)

波多江伸子(作家・がん患者団体代表)

お申し込みはFAXかメールでお願いします。住所・氏名・年齢・所属 を記入の上、九州大学大学院医学研究院精神病態医学分野内 九州森田療法セミナー事務局まで。E-mail :kokoroseminar20@gmail.com    FAX 092-642-5644 締め切りはありませんが、できるだけお早目に申し込んでくださいね。すぐにいっぱいになりそうな小規模の会です。

「不安のままに生きる」講演会チラシ

 

いわしのショウガ煮

師走のデパートの食品売り場には、昆布や黒豆、ユリ根など正月用の食材が出回っています。おせち重の見本を横目で眺めながら、鮮魚売り場で、新鮮な小いわしを2盛買いました。デパ地下の魚屋さんは、すごくサービスが良くて、小いわし20数匹の頭を落として、きれいにお腹まで出してくれるのですよ。わずか500円なのに。酢を入れた湯でざっと下茹でして、圧力なべで甘辛く煮ました。刻みしょうがたっぷりと手作りウメ干しも2個ばかり入れて。脂が乗っており、骨ごと食べられて結構なお味でした。塩分控えめ。キラキラした新米によく合いました。3匹づつ食べて、あとは保存容器に。

井深ネギと鶏肉と里芋の味噌鍋も、柚子胡椒を薬味にするとなかなかの風味。昨日、連れ合いが作ったアジのコブ締め。冷蔵庫で良い具合に締まっていたので細切りにして、大根おろしで合えました。たんぱく質過剰な夕食でしたが、食後は、デパ地下で買った上等なほうじ茶でさっぱりしました。熱いほうじ茶の香り、大好きです。

今年は、とても忙しくて、バタバタ働いて過ごしました。でも、本当に忙しかったのか、仕事が遅くて捗らなかったのかは不明。とにかく、いつも、深夜まで何かの準備に追われていたような気がします。

この度の、ブログ消滅事件からもお分かりと思いますが、私の人生は無駄の連続です。忘れる・落とす・失くす・間違える → 取りに帰る・謝る・問い合わせる・再度買い直すetc. の繰り返しでしたから。この無駄がなければ相当すごいことができたかもしれません。

でも、ま、いっか。

仮住まいの住み心地

仮住まいのこのWordPress。かなり最新式の設備が整っているようですが、操作の仕方が分からないのですよね。説明を読んでも専門用語ばかりでちんぷんかんぷん。私はいまだにガラケーを使っているようなアナログ人間です。基本的な知識が全くなく、HTMLが何かも分かりません。「モデレートしてください」と通知が届いてもまごまご。寄る年波で理解力が落ちているので、この新しい環境で暮らすのは無理かもしれません。高齢者でも簡単にできるブログ作成ツール、どこかにありませんかね?

今日は、多発性骨髄腫の患者会「オリゾン」設立の講演会と交流会に出かけました。私は福岡県のがん患者団体ネットワークの代表で、いわば、がん患者界の町内会長みたいなもの。ご近所の新築祝いに駆けつけたといったところでしょうか。

血液がんの患者さんと治療医たちは、治療経過が長いこともあって、親密な協働関係で病気治療に立ち向かいます。オリゾン設立会にも、複数の病院の血液腫瘍内科医師が6名と看護師1名、講演や相談会で協力してくれていました。会場は病院のホール。乳がんの場合もそうですが、医療者の協力体制が整っているがん種は、患者会活動も活発です。

 

 

波多江伸子、訳あって仮住まい

細々と10年に亘って書き続けてきたブログ「波多江伸子の部屋!」が、Web上から忽然と姿を消して2か月経ちました。

私がうっかり、レンタルサーバー会社の「家賃」を滞納しており、滞納に気づかないまま放置していたため、あちらの規定で削除されたとのこと。「何とかデータの復元はできませんか?お金は払います」とお願いしたのですが、「もうムリ!」と言われてしまいました。「ああ、無情」です。・・というわけで、もしや、私のブログをご愛読いただいていた皆さまが、突然の閉鎖に心配をしておられるのではないかと、とりあえず仮の(無料お試しの)ブログを開設しました。

皆さま、お元気ですか?私も家族も猫メロンも元気です。がん患者団体のボランティア活動も、西日本新聞のコラム連載も何とか続けています。寒さに向かいますので、風邪など召されないように。