新春の講演会ご案内 森田療法のこと  

新年を迎えました。本年も「波多江伸子の部屋!」。どうぞ御贔屓によろしゅうお願い申し上げます。

さて、今年、私は70歳。古希になりますとですよ。自分では十分に年を取ったと思うのですが、高齢社会の日本では、70歳なんて、まだまだ高齢者の末席です。人生50年の時代は長老だったのでしょうけど。これまで、まともに勤めたわけではないので定年もなし、その代り厚生年金もなし。通院以外の贅沢はしませんが、その医療費がバカにならない。月に4万円もかかるのです。死ぬまで治療が必要な慢性疾患なので、今年も医療費を稼ぐために、細々とパート教師の仕事を続けます。

ここ10年位は、仕事よりボランティア活動の方が圧倒的に多く、特に、がん患者団体の活動は、それなりに成果を上げたとは思っています。しかし、代表の私もメンバーも、自分の家庭や健康はうっちゃって、患者サロンやピアサポートやがん啓発活動に駆けずり回ってきました。活動助成金は申請すると毎年いただけるのですが、私たちボランティアの交通費や事務局運営費は全部自腹を切ってやってきました。あ~、専従の事務局スタッフがほしい、その人に支払う給料がほしい。使途制約のない寄付金がほしいと、最近思います。お金がほしいと。でもその反面、病人と高齢者の集まりであるがん患者団体「がん・バッテン・元気隊」に、これ以上の活動は無理だと思うので、多額の寄付や支援金をいただくと負担になるかも・・なんて考え、何だか腰の引けた「ご寄付のお願い」になってしまうのですよね。

さて、昨夏から始めたもうひとつのボランティアは、NPO法人日本医学ジャーナリスト協会西日本支部の活動です。こちらは、九州山口の医学・保健・福祉に関する情報を発信する人たちの勉強や交流の場です。現職や元職の新聞記者やTV局の記者。フリーランスのライター、医師・保健師などが会員です。私は・・う~ん、どんな立場なのかな~。患者で医療問題のノンフィクションライター、と言ったところでしょうか。西日本支部では毎月、話題の医療者・研究者を講師に招いての講演会を開催しています。1月の講師は、九州大学教授で、精神科医・臨床心理士の黒木俊秀さん。100年前に日本で生まれた独創的な精神療法「森田療法」の現代的な応用の話です。案内状は以下に添付しています。参加ご希望の方は、私宛にお申し込みください。関心がありそうなお知り合いを誘っていただければ助かります。

日本医学ジャーナリスト協会西日本支部新年例会

 

新春の講演会ご案内 森田療法のこと  」への3件のフィードバック

  1. 大騒ぎの結末。
    人間ドッグの結果が送付され、なんと二項目で再検査が必要という禍々しい文字が目に入りました。それはでかでかと書かれておりました(そのように見えました)。胃と大腸です。それから三週間。胃カメラと腸の内視鏡検査を受けました。絶食したり、下剤を飲んだりホントたいへんな検査ですね。これらの検査でもう病気になりそうです。結果は、胃潰瘍と大腸にはポリープ。組織検査に出して、大腸のほうは前癌状態だったそうです。早めに切除出来て良かったですねと医者に言われやれやれ。今胃潰瘍の治療中です。自覚症状は何もなかったのに、どこかで無理していたんでしょうか?

    • 香川うどん さま

      まずは大事に至らなくて良かったです。良いタイミングで検査を受けてラッキーでしたね。
      胃や大腸の内視鏡検査は初めて?私は胃カメラの方が大変だと思うのですが、大腸検査の方が嫌でだったようですね。
      ポリープを切除する時は痛いのかな?何かストレスがあったのでしょうか。胃潰瘍、はよ治ればいいね。

      • ありがとうございます。
        とても上手な医者で、胃カメラも大腸の内視鏡も何の問題もなく済みました。大腸内視鏡の前段階がきつかったです。前日から食事制限し、夜下剤。
        病院でも二リットルぐらい下剤を飲まされ、トイレとベッドを行ったり来たりでした。波多江さんも検査されたことがあるのですね?まわりからは65歳過ぎると病院と縁か深くなるよと脅されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です