不死身猫メロン、まもなく19歳

わが家の老猫メロン、この5月で19歳になります。人間で言えば92歳だとか。野良出身なので正確な誕生日は分かりません。19年前の7月、(果物の)メロンの産地でもある熊本県の植木インターで、車にはねられて死んだ母猫の横で震えていたとのこと。保護した人から頼まれて譲り受けました。その時、すでに「メロン」という名がつけられていました。

生後2ヵ月くらいの、毛虫みたいに貧相な毛並みの怯えた仔猫でした。成猫になっても美猫にはなりませんが、まあ、その賢いこと。トカゲやネズミ、鳩でさえ見事に捕獲して見せに来ます。アレルギーや副鼻腔炎を持っていて、何度も呼吸困難になり、目や鼻や耳から膿を出し、病院に連れて行くこと数十回。抗生剤やステロイド治療で助かりました。この数年も、半年置きにもうダメかというような膿だらけ、血だらけ、呼吸困難状態に陥り、その度に近所の山本動物病院で命を助けていただきました。でも、どんな名医にかかっても、猫自身の体力や生命力がなければ生き延びることはできません。わが家の猫は、不死身かと思うくらいの生命力を持っているようです。

そのメロンも最近は難聴になり、判断力が鈍り、夜、すごい声で家族を起こします。角がとれて(猫の性格の角って、なんなん?)、穏やかな甘えん坊になりました。病気持ちなのに、結構しぶとく、明るく?年を重ねている老猫メロン。同じく病気持ちの飼い主は、先行きの心配で鬱々としていますが、猫メロンは、飼い主みたいな余計な心配をせず、ゆったりと今を生きています。

(上の写真 )   持病があるのに、90歳とは思えない若々しさです。

(下の写真)   お天気が良い日は、テラスで日向ぼっこをたのしみます。

不死身猫メロン、まもなく19歳」への2件のフィードバック

  1. 前回は3連発というストーカーまがいのコメントになり、メロンさん「無理っ!」と言って
    引いていませんでした?慣れないスマホからの送信ゆえの失敗で、ごめんねメロンさん。
    メロンさんは19歳になるんですね!持病を乗り越えて復活する様に、てふてふも頑張ろうという気持ちになりパワーを貰えました。
    長生きして下さいね。
    2日後には元号が令和にかわり新天皇が即位されます。明るい未来を信じ祈ります。

    5/3金 15:30頃 がん・バッテン・元気隊
    どんたくパレード 応援します!
    メロンさん、私は知っています。夜中は
    密かに月に向かって「ブッポウソウ」と
    鳴いているのを。

    • てふてふ さま

      今日は4月30日、平成最後の夜です。終日、小雨の福岡。
      猫メロンは好物のチュールを舐め、机の下の籠で丸くなっています。平和な1日。
      いつも気にかけてくださる方がいて、わが老猫も幸せものです。

      月に吠えるのはオオカミか、犬か、と思っていたのですが、
      猫も大声で鳴くのですね。知りませなんだ。
      そういえば、メロンの顔って、
      ブッポウソウと鳴く鳥〜コノハズク〜に似ていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です