恋猫モカの家出騒動

生後8ヵ月の雌猫モカ。窓の外ばかり眺めて、ソワソワと落ち着かない。最近、自分のトイレではないところでオシッコをするようになった。特に、飼い主の布団の上で大量のオシッコをされると大変困る。1週間で羽毛布団3枚、毛布4枚が犠牲になった。幸い晴天続きで毛布は家の洗濯機で洗えたが、羽毛布団は乾かしてコインランドリーに持ち込み、代金4000円かかった。動物を飼うと楽しいが、お金と手間がかかる。

モカのオシッコが放つフェロモンに誘われて、近所の雄猫たちが次々にわが家付近に集結。交渉権をめぐってバトルが繰り広げられる。けれど、モカの気持ちはもう決まっていて、よちよち歩きの頃からやって来てはベランダにマーキングをしていた大きなボス猫以外は振り向きもしない。どうやら、通りの向こうの別の町内に住んでいるらしい。鋭い目つき、堂々とした態度。人に媚びることも怖がることもない。歴戦の勇士らしく、耳や目に戦歴が残っている。おぼっちゃま風なイケメン猫はボスが登場するとさっと居なくなる。モカはもうのぼせ上がり外に出たがり大騒ぎになる。

神代より誰か教えて猫の恋 (子規)

細心の注意を払って外に出さないようにしていたのだが、数日前、うっかり少し閉め忘れた網戸の隙間をこじ開けて逃亡し、そのまま一晩帰って来なかった。塀の上にボスの姿が見えたので必死になって追いかけていったらしい。夜中まで家族で手分けして探し回ったが見つからなかった。

翌朝早く、開けておいた裏口から黙って戻って来た。特にケガもなく、むしろ上機嫌。餌をいつもの倍くらい食べ、水をたくさん飲んで、ケージに入ってずっと寝ていた。イヤ〜、年頃の娘が夜遊びすると、親は、じゃない、飼い主は心配しますね〜。

このままだと、2ヵ月後に、あのボス猫の子供が5〜6匹も生まれる。まずい。動物病院に連れて行き避妊手術の予約をした。動物のメスの本能としては子供を産みたいのだろうが、高齢の飼い主には育てる余力がない。気性の激しいモカだけでも持て余しているのに、これ以上の苦労は背負い込めない。

ということで、来週、モカは入院して手術の予定。一緒に、首の後ろにマイクロチップも埋め込んで貰うことにした。行方不明になった時に飼い主が分かるような情報の入ったチップ。読み取り機は動物病院、動物保護センターにあるとのこと。

恋猫モカの家出騒動」への5件のフィードバック

  1. 猫は生後6ヶ月前に不妊避妊手術をしなくちゃいけません。この手術をすればだいぶおとなしくなりますが、一旦覚えた味を忘れるかどうか…

    • 私もネットで早い方が良いという記事を読んで、かかりつけの動物病院に相談したところ
      6ヵ月からしか手術はしないとのことでした。
      また福岡市獣医師会の不妊手術とマイクロチップ埋め込みセット助成制度に応募して
      結果を待っていたら7ヵ月になりました。落選でしたけど。
      そうこうするうちに発情を繰り返し、手術が今週になった次第。
      野性的で奔放な猫なので、手術をしてもおとなしくなるかどうか…。
      お宅の猫さん達は庭より外には出ませんか?

      • うちは雄雌同腹の猫2匹なんですが、6ヶ月になってすぐに手術しましたね。特に雄は遅くなるとマーキングの癖がつき、手術をしてもその癖は抜けないと聞いていたからです。
        うちの猫たちは外に出ますね。本来庭から出られないようにしていたのですが、ものすごく運動神経が良い猫たちで、庭からの脱走を予防できませんでした。そのうち夫がドアボーイのごとく玄関から出すようになってしまいました。

  2. 春ですねぇ。うちの近くでも夜びっくりするような声で猫が相手を呼んでます。本能にだけ従って行動出来る猫というか動物がうらやましくもあります。

    • 香川うどん さま

      若い頃は衝動的に行動することも多かったのですが
      この年になると後先考えてゆっくり動きます。
      衝動に従うと後が厄介ですもんね。
      心身のエネルギーが減っているので、
      最小限の動きでそこそこの効果を狙います。
      これって老獪な高齢の政治家みたいだなと思いながら。

      正岡子規って言葉の天才ですね。いまさらですが。
      若い頃はよく分かりませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です