仮住まいの住み心地

仮住まいのこのWordPress。かなり最新式の設備が整っているようですが、操作の仕方が分からないのですよね。説明を読んでも専門用語ばかりでちんぷんかんぷん。私はいまだにガラケーを使っているようなアナログ人間です。基本的な知識が全くなく、HTMLが何かも分かりません。「モデレートしてください」と通知が届いてもまごまご。寄る年波で理解力が落ちているので、この新しい環境で暮らすのは無理かもしれません。高齢者でも簡単にできるブログ作成ツール、どこかにありませんかね?

今日は、多発性骨髄腫の患者会「オリゾン」設立の講演会と交流会に出かけました。私は福岡県のがん患者団体ネットワークの代表で、いわば、がん患者界の町内会長みたいなもの。ご近所の新築祝いに駆けつけたといったところでしょうか。

血液がんの患者さんと治療医たちは、治療経過が長いこともあって、親密な協働関係で病気治療に立ち向かいます。オリゾン設立会にも、複数の病院の血液腫瘍内科医師が6名と看護師1名、講演や相談会で協力してくれていました。会場は病院のホール。乳がんの場合もそうですが、医療者の協力体制が整っているがん種は、患者会活動も活発です。

 

 

仮住まいの住み心地」への10件のフィードバック

  1. こういうことがあるんですね。
    私は無料のYAHOOブログなのですが、突然消えるということもなく続けさせてもらってます。
    お元気でなによりでした。
    78期生

    • kuwa_maimai さま

      お久しぶりです。
      おかげさまで何とか元気にしています。
      有料のものは、使用料を払い忘れたら契約違反で
      あっさり削除されてしまいます。
      この度も、性懲りもなくサーバーと契約してしまいましたが
      また支払を滞らせて消えるかもしれません。
      すぐに忘れる私は、契約に不向きなタイプなのかも。

  2. いやあ驚きました!だってですね毎日クリックしていたのが突然キャンセルされ閲覧不能!?
    我がパソコンの故障かなあと思いながら数日繰り返しても同じ?早速購買元へハード持参で持っていったら、“ホームPも駄目なので先方に非があり”と言われ、じゃあメールをと思いこれも返され、あっ!ご家族に何か起きたんだと心配しましたら、今朝の新聞<患者ライフパート4>が載っているではありませんか!例の片足揚げてニコポーズ!えっ!これは出状して問い合わせよう、待てよ住所は城南区では届くかな?新聞社に頼もうかな?等念のためにHPを開けてみたら転居していたとは!ともあれようござんした。

    • 宮坂益男さま

      コメント、ありがとうございます。
      よくぞ見つけてくださいました。
      新聞社にまで問い合わせをしようとされたとか。

      ここは、いかにも仮住まい然としたプレハブ住宅風な家ですが、
      やっと大家(ロリポップ)と契約を済ませ、
      本住まいになりました。
      新居らしく、内装など変えようと思うのです、
      このWordpressの操作が分からないので
      どこをどう扱ったらいいか、手を束ねている状態です。
      ジイジさまからウィキペディアに転居の張り紙をすればと
      アドバイスをいただいているのですが、
      張り紙の仕方も分かりません。
      当分は、このまま、かつてのご常連が気づいてくださるのを
      待つのみです。

  3. 波多江伸子さま
    落ち着かれたら、元の部屋のふすま(=Wikipediaの外部リンクの項)に「こちらに移転しました」の張り紙をしていただけると、『北北西の風』さま他沢山の旧知の友が訪ねてこれるのではないでしょうか?
    ピオネ荘内『伸子さまの部屋』でこたつに入って皆でお餅を食べながらおしゃべりできたらいいなあと思っています。

  4. ビオネ*あらためピオネさま。
    貴兄がこのサイトにビオネの名でコメントを残していただけなかったら、『(仮住まいの)波多江伸子の部屋』に辿り着けなかったでしょう。←大感謝!。 そもそもの発端は昔懐かしい『ピオネ荘』をググったら、松山稲荷の『耳の欠けたおキツネ様』と『香川うどん』様に案内されて『(旧)波多江伸子の部屋!』にたどりついたものです。*視力の衰えと共にビとピの区別がつかなく、条件反射的に『ピオネ』と読んでしまいました←怪我の功名ですね。
    PS「早良区お宝写真今昔物語 い~ね!!」懐かしく拝見させていただきました。

  5. すみません、なぜかビオネになってしまいました。
    以前、亡き父が残した写真の場所を探していまして、
    ピオネ荘を検索すると『波多江伸子の部屋』がヒットしたので、
    以来時々覗いておりました。

    「早良区お宝写真今昔物語 い~ね!!」発刊時にそれらの中から7,8枚提供しました。
    ピオネ荘や幸陽軒の前に写るのが父です。西新に下宿した頃の写真です。

    http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/46717/1/06sazaesanhatuannochimomochihama.pdf

    • ピオネさま

      写真を提供してくださってありがとうございます。
      ピオネ荘と幸陽軒の前で、ボートに腰かけている憂いありげな青年が
      ピオネ様のお父上なのですね。昭和34年!
      白いワイシャツが時代を思い起こさせます。
      百道の海水浴場と松林の懐かしい光景。
      私は、百道小学校と百道中学に通っていました。
      良い写真が残っていて良かったです。

  6. ジイジです
    ヨカッタ、良かった、よかった!突然前の『波多江伸子の部屋』が見つからなくなったので色々悪い想像をしてしまいました。
    『北北西の風』さんや『香川うどん』女史は仮住まい場所知ってるのかなあ・
    そういえばここに最初にコメントされた『ピオネ』子もピオネ荘仲間なのかな?

    • まあ、ジイジさま!

      お懐かしい。
      よくぞ、仮住まいを見つけてくださいました。
      「北北西の風」さんのメールアドレスは存じませんので
      多分、心配されていることと思います。
      香川うどんやてふてふさんは、メールアドレスを知っていますので
      ここを本住まいにしたら、通知を出します。
      コメント第1号の方は「ピオネ」さんでしたか?
      「ビオネ」さんかと思いました。
      ピとビ、よく区別がつかないので。
      ピオネさんなら、きっとピオネ荘の仲間ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です